口臭とは

口臭とは

口臭とは、一般的には口の中を不潔にしておいたことから発生する嫌な臭いのことをいいます。

歯の表面や歯磨きが不十分な場合、歯の表面や歯の隙間などに食べ物のカスが残っていて、そこから悪臭が出たりします。

他には、歯槽膿漏や歯周病になった歯茎も口臭の原因になります。
歯茎の病気はこの2つばかりでなく、歯周炎をはじめ書ききれないほどの歯茎の病気があり、それが口臭の原因になります。

また、虫歯からも悪臭が出ます。
おまけに虫歯を治すと歯とブリッジの間に食べたものが溜まりやすく、そして磨きにくくなるのも口臭の原因になってしまいます。

また、口の中を不潔にしておかなくても、ニンニクやタマネギ他ニオイの強いものは、いつまでも口の中が臭くなります。
喫煙による口臭もありますよね。

口の中が原因の口臭だけでもこんなにたくさんあるのに、口の中以外が原因している口臭もあるのです。

それは口に近い器官の病気、扁桃炎、咽頭炎、そして鼻の部分の病気、呼吸器が原因の物もあります。

また、内臓疾患でも口臭の原因になって、一番多いのが胃の疾患ですが、肺の疾患でも口臭が出ます。

糖尿病患者さんのアセトン臭、尿毒症患者さんからの尿臭も口臭の原因となりますし、お酒飲む人のアルコール臭も口臭に分類されるそうです。

治療法としてはもちろん、それぞれの原因に合わせた方法ということになるのですが、まずは口の中を不潔にしておくのが一番多い口臭ですから、歯磨きをしっかりするとか、歯周病や歯槽膿漏などは歯科医に通ってきちんと治すことをおすすめします。