正しい口臭のケア

正しい口臭のケア

口臭は、人に嫌な思いをさせたり、自分自身引け目を感じたり、劣等感を感じて上手く人間関係が築けなかったりします。
このように、人間関係にまで影響するのが口臭です。
口臭ぐらいと放っておかずに、十分気を付けるようにするべきだと思います。

口臭と言えば、まずは口からの口臭が一番多いのですから、ご自分の毎日の口臭ケアの方法を振り返ってみて、正しく行われているかチェックしてみることをおすすめします。

口臭を防ぐには、朝と夜は必ず歯を磨いてください。
口臭対策には朝晩の歯磨きは必須です。

歯磨きをする時は、歯間ブラシも一緒に使うことをおすすめします。
歯ブラシだけでは、届かない部分も出てきます。
食べかすも歯の間に詰まっていると思われます。
歯間ブラシも使うことで、磨き残す部分が避けられます。

舌磨きが一時流行りましたが、今はもうやっている人は少なくなりましたが正解です。
舌苔が臭うのは、唾液が少ないことからくるので、ゴシゴシと舌苔をこすり落とすのは止めましょう。
気になるときは、水を口に含み、舌をゴシゴシと動かすことで十分取れると思います。

高齢になって、入れ歯を使うようになったときは注意が必要です。
入れ歯の手入れ次第で、悪臭を放ちます。

入れ歯洗浄機で入れ歯を簡単に清潔に保つグッズもたくさん売り出されていますから、それらを使うのもおすすめです。
高齢になると動くのも大変になるかと思いますが、お口の事は頑張って清潔にして、お祖父ちゃん(あるいはお祖母ちゃん)臭いと言われないように気をつけましょう。
その姿勢が若さを保つ秘訣にもなります。